小児とは、大切なお子様が一生自分の歯で咬めるよう、予防の習慣を身につける時期です。人間が肉体的にも、精神的にも絶えず成長発育しつつある時期を言います。満20歳ころまでをその範囲と見ることができます。

われわれ歯科は、母親に対する妊産婦健診から老齢期まで、一人の人間を一生見続ける唯一の医学分野です。当院でも、妊産婦、0歳児から健診を行っており、小児の口の状態から食の問題や小児特有の行動(指しゃぶり、おしゃぶり)についても考えていこうと思っております。お子様の成長を通した、特に顔面の発達を見続けることで、問題を発見していきます。

子育てをする上で、歯が生え始めたとき、脱乳をするとき、離乳食を始めたときなど、よく観察されてご相談いただければと思っております。

☆虫歯菌(ミュータンス菌)に最も感染しやすい時期がある?
生後19ヶ月(1才7ヶ月)~31ヶ月(2才7ヶ月)の間1年間は、 「感染の窓」と呼ばれ、最も感染の危険性が高まるということがわかっています。

この時期に家庭や歯科医院で感染予防が出来ると、その後は ずっとミュータンス菌が感染し難くなり、虫歯になりにくい子になると いうわけです。

3才くらいまでの時期は家族で話し合い、協力を得て 赤ちゃんのお口の中を守ってあげることが大切です。


● 小児歯科で気をつけたいこと

歯が生えそろってきてからは、虫歯にならないよう予防を考えていきましょう。歯並びも気になる時期となります。骨格性の出っ歯、受け口になっていないか観察してください。 

学童期(1年生以上)になったら歯の成長パターンを修正することも可能です。咬み合せの育成に入ることもできます。 

虫歯ゼロを目指しましょう!

歯周病ゼロを目指しましょう!
(小学校高学年になると目立ちます) 

中学生(第二大臼歯崩出の時期)になれば、本格的な矯正も可能です。
ただし、矯正治療は、親御様が希望されても、本人の自覚とやる気がなければスタートの時期を遅らせたほうがよいかと考えます。矯正治療は大人になっても十分効果的に行えるからです。

非抜歯治療を行っております。ただし、親知らずは抜歯が必要な場合が多いです。ご相談ください。

 小児期の矯正治療

当院では、小児期の矯正治療にオーバーレイ治療を行っています。

オーバーレイ治療とは、第1乳臼歯・第2乳臼歯の上に、金属またはプラスチックのかぶせものを装着することにより、下顎を適切な位置に誘導し、成長を促す治療法です。

 

従来からある、頭にバンドなどを付ける装置、取り外しの装置はお子様に負担が大きく、装置を付けないと効果が望めません。それに対してオーバーレイ治療は、お子様に対する負担がほとんどありません。

本格的治療は中学生のころ、第二大臼歯が生えそろってから開始します。

Rちゃん(3歳)

  • <初診時 2才5ヶ月>
  • 2才半検診で虫歯があると言われお母さんと来院しました。
  • だらだら食べとだらだら飲みがあるとの事。
  • 生活習慣の改善と家での仕上げ磨き、歯科医院での定期的なクリーニングを続けています。

 

D君(4歳)

  • <初診時 3才1ヶ月>
  • 3才児検診で虫歯があり、治療とフッ素塗布を希望してお母さんと来院しました。
  • いったん虫歯の治療を終えてから、3ヶ月に1回のペースでクリーニングとフッ素塗布を続けています。
  • お母さんの話によると「いつ歯医者に行くの」と楽しみにしているそうです。